2012年03月03日

CRA柳生一族の陰謀N-K(X)J/N5-K(X)J

CRA柳生一族の陰謀N-K(X)J の 設定例です。

※バージョン1.8.2で機種リストに追加されました。

当たり確率 1/89.9
当たり確率(確変時) 1/8.99
確変率※突確含む 100
突確率(ヘソ) 0
突確率(電チュー) 0
STと時短 k10:s5j65 k60:p5 k30:p5 v10:s5j65 v60:s5j65 v30:s5j65 w10:s5j65 w60:s5j65 w30:s5j25 u10:s5j65 u60:s5j65 u30:s5j25
出玉 k10:1116 k90:372
オプション R=1;C=2
3&9&10&11(上下) 15/5R8C 12.3頃
※出玉初期値は理論値の7%削で下15R=1116, 上5R=372 です。
※90%は初回潜伏(電サポ0回)です。

削率15R(下)5R(上)補足
0%1200400
3%1164388
5%1140380
7%1116372←本設定
10%1080360

出玉の削率は上下アタッカーで異なると思われますので調整してみて下さい。出玉計測機能を利用する際、上アタッカーはヘソ入賞数を 回転数/1000円 から自動算出しないよう注意して下さい。

どの大当たりでも100%確変になり、大当たり後の5回転は高確率状態になります。電サポのパターンは 0 or 30 or 70回です。電サポが0回のパターンは5回転潜伏状態になり、その後通常状態に戻ります。電サポが30回のパターンは、初めの電サポ5回は高確率ですが、その後の電サポ25回は低確率です。電サポが70回のパターンは、初めの5回が高確率で、残りの65回は低確率となります。

以下、STと時短 及び 出玉 の設定値について、どの部分がどの振り分けとなるか、対応表を示します。
ヘソ抽選 or 電チュー抽選 ではなく、状態による振り分けとなります。
コネクションオプション C=2 により、STと時短 及び 出玉 の振り分けが 当たり種別 毎に前方から順番に同期しています。

■ヘソ/電チュー抽選 共通

・STと時短
A.通常時
(低確率サポ無)
B.確変時
(高確率サポ有)
C.時短時
(低確率サポ有)
D.潜伏時
(高確率サポ無)
補足
 
確変10%電サポ70回
(内5回高確率)
k10:s5j65
電サポ70回
(内5回高確率)
v10:s5j65
電サポ70回
(内5回高確率)
w10:s5j65
電サポ70回
(内5回高確率)
u10:s5j65
確変60%電サポ0回
(潜伏5回)
k60:p5
電サポ70回
(内5回高確率)
v60:s5j65
電サポ70回
(内5回高確率)
w60:s5j65
電サポ70回
(内5回高確率)
u60:s5j65
初回潜伏
 
 
確変30%電サポ0回
(潜伏5回)
k30:p5
電サポ70回
(内5回高確率)
v30:s5j65
電サポ30回
(内5回高確率)
w30:s5j25
電サポ30回
(内5回高確率)
u30:s5j25
初回潜伏
時短や潜伏は
サポ劣化30回

・出玉
A.通常時
(低確率サポ無)
B.確変時
(高確率サポ有)
C.時短時
(低確率サポ有)
D.潜伏時
(高確率サポ無)
補足
 
確変10%15R
k10:1116
A.通時常
と同じ
A.通常時
と同じ
A.通常時
と同じ
STと時短 の
確変10%と対応
確変60%5R
k90:372
A.通常時
と同じ
A.通常時
と同じ
A.通常時
と同じ
STと時短 の
確変60%と30%に対応
確変30%
※当たり種別 v(確変時の確変当たり)は、指定されない場合 k の設定を使用。
※当たり種別 w(時短時の確変当たり)は、指定されない場合 k の設定を使用。
※当たり種別 u(潜伏時の確変当たり)は、指定されない場合 v(無ければk) を使用。

(※コネクションオプション C=2 を C=1 にした場合、出玉の記述は下記になります。
k10:1116 k60:372 k30:372 v10:1116 v60:372 v30:372 w10:1116 w60:372 w30:372 u10:1116 u60:372 u30:372)

柳生性能.png 柳生連.png

柳生スランプ.png 柳生時給.png


CRA柳生一族の陰謀N5-K(X)J の 設定例です。

当たり確率 1/96.95
当たり確率(確変時) 1/9.695
確変率※突確含む 100
突確率(ヘソ) 0
突確率(電チュー) 0
STと時短 k10:s5j65 k60:p5 k30:p5 v10:s5j65 v60:s5j65 v30:s5j65 w10:s5j65 w60:s5j65 w30:s5j25 u10:s5j65 u60:s5j65 u30:s5j25
出玉 k10:1116 k90:372
オプション R=1;C=2
5&3&10&11(上下) 15/5R8C 12.3頃
※出玉初期値は理論値の7%削で下15R=1116, 上5R=372 です。
※90%は初回潜伏(電サポ0回)です。

N-K(X)Jとの違いは、当たり確率(89.9→96.95 確変時は8.99→9.695)とヘソ賞球数(3→5)です。

posted by uka at 19:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | Pachiシミュレータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年03月11日

CR RAVE エンドレスバトル FPF

CR RAVE エンドレスバトル FPF の 設定例です。

※バージョン1.8.2で機種リストに追加されました。

当たり確率 1/381
当たり確率(確変時) 1/39
確変率※突確含む 77
突確率(ヘソ) 30
突確率(電チュー) 16
STと時短 k9/33: k28/0: k10/0:s11p9999 k0/28: t30/0:p9999 t0/16: n10/0:j11 n9/0:j9 n2/0:j6 n2/0:j4 n0/3:j80 n0/20:j40
出玉 k9/33:1757 k28/0:1171 k10/0:1171 k0/28:1171 t30/0:0 t0/16:0 n10/0:1171 n9/0:1171 n2/0:1171 n2/0:1171 n0/3:1171 n0/20:1171
オプション R=1;C=1
3&5&10&15(下右) 15/10R9C 12.2頃
※出玉初期値は理論値の7%削りで 15R=1757, 10R=1171 となります。
※ヘソ30%は潜伏ループ(出玉とサポ無しの突確扱い)です。
※ヘソ10%は電サポ11回のあと潜伏です。
※右打ち電サポ時はヘソ入賞しませんので、特別な理由が無い限り「電サポ時の電チュー抽選率」は100%指定にして下さい。

削率右15R右10R
下10R
補足
0%18901260
3%18331222
5%17951197
7%17571171←本設定
10%17011134

出玉の削率は右と下アタッカーで異なると思われますので調整してみて下さい。出玉計測機能を利用する際、右アタッカーはヘソ入賞を考慮しないよう注意して下さい。

以下、STと時短 及び 出玉 の設定値について、どの部分がどの振り分けとなるか、対応表を示します。
コネクションオプション C=1 により、STと時短 及び 出玉 の振り分けが同期しています。

■ヘソ抽選

A.通常時
(低確率サポ無)
B.確変時
(高確率サポ有)
C.時短時
(低確率サポ有)
D.潜伏時
(高確率サポ無)
補足
 
確変9%右15R 電サポ次回
( k9/33:1757 と k9/33: に対応 )
確変28%下10R 電サポ次回
( k28/0:1171 と k28/0: に対応 )
確変10%下10R 電サポ11回後潜伏
( k10/0:1171 と k10/0:s11p9999 に対応 )
サポ11回後潜伏
 
突確30%出玉無 電サポ無
( t30/0:0 と t30/0:p9999 に対応 )
潜伏ループ
 
通常10%下10R 時短11回
( n10/0:1171 と n10/0:j11 に対応 )
通常9%下10R 時短9回
( n9/0:1171 と n9/0:j9 に対応 )
通常2%下10R 時短6回
( n2/0:1171 と n2/0:j6 に対応 )
通常2%下10R 時短4回
( n2/0:1171 と n2/0:j4 に対応 )

■電チュー抽選

A.通常時
(低確率サポ無)
B.確変時
(高確率サポ有)
C.時短時
(低確率サポ有)
D.潜伏時
(高確率サポ無)
補足
 
確変33%右15R 電サポ次回
( k9/33:1757 と k9/33: に対応 )
確変28%右10R 電サポ次回
( k0/28:1171 と k0/28: に対応 )
突確16%出玉無 電サポ次回
( t0/16:0 と t0/16: に対応 )
通常3%右10R 時短80回
( n0/3:1171 とn0/3:j80 に対応 )
通常20%右10R 時短40回
( n0/20:1171 と n0/20:j40 に対応 )


RAVE性能.png RAVE連.png

RAVEスランプ.png RAVE時給.png

posted by uka at 20:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | Pachiシミュレータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年03月17日

CR牙狼魔戒閃騎鋼XX

iPhone,iPod touch向けアプリ Pachiシミュレータ
CR牙狼魔戒閃騎鋼XX をシミュレートする設定例です。

※バージョン1.8.2で機種リストに追加されました。

当たり確率 1/399.6
当たり確率(確変時) 1/99.14
確変率※突確含む 100 ※※※ ヘソ突入率は51% ( 後述 フラグ f 参照 ) ※※※
突確率(ヘソ) 0
突確率(電チュー) 0
STと時短 k51/0:s145 k49/0:j100f1 k0/100:s145
出玉 k51/0:1874 k49/0:1523 k0/100:1874
オプション R=1;C=1
3&8&15 16/13R9C 12.3頃
※出玉初期値は理論値の7%削で16R=1874, 13R=1523 です。
※確変の初回突入率は51%ですが、本設定では確変率は100%にしておき、k49/0:j100f1 の指定によりヘソ抽選の49%は通常モードに転落して時短となるよう設定しています。
※右打ち電サポ時はヘソ入賞しませんので、特別な理由が無い限り「電サポ時の電チュー抽選率」は100%指定にして下さい。

削率16R13R補足
0%20161638
3%19551588
5%19151556
7%18741523←本設定
10%18141474

以下、STと時短 及び 出玉 の設定値について、どの部分がどの振り分けとなるか、対応表を示します。
コネクションオプション C=1 により、STと時短 及び 出玉 の振り分けが同期しています。

■ヘソ抽選

A.通常時
(低確率サポ無)
B.確変時
(高確率サポ有)
C.時短時
(低確率サポ有)
D.潜伏時
(高確率サポ無)
補足
 
確変51%16R ST145回
( k51/0:1874 と k51/0:s145 に対応 )
通常49%13R 時短100回
( k49/0:1523 と k49/0:j100f1 に対応 )
"f1" 指定により通常モード移行

■電チュー抽選

A.通常時
(低確率サポ無)
B.確変時
(高確率サポ有)
C.時短時
(低確率サポ有)
D.潜伏時
(高確率サポ無)
補足
 
確変100%16R ST145回
( k0/100:1874 と k0/100:s145 に対応 )
ST145回の継続率は約77%


補足:バージョン1.8.2で追加された フラグ f の指定について

"回転種別" と同等の指定方法で、フラグ f を指定する事が可能です。指定可能な値は現時点で以下の1種類です。

1 : 通常モード移行

この指定は、確変 や 突確 当たりであっても、当たりの直後に 通常状態 へ移行します。確変の初回突入率と2回目以降継続率が異なるなど、特殊な機種のシミュレートが可能となります。

※従来の「確変率 ※突確含む」の指定でも、セミコロンで区切る事により初回突入率と2回目以降継続率の指定が可能ですが、この場合はヘソや電チューごとの指定が出来ません。フラグ f の方がより柔軟な指定が可能となります。(セミコロンで区切る指定方法は互換性の為に残しています。今後は フラグ f の使用を推奨となります。)
※フラグ f の振り分け部分は「結果表示」の継続率の計算で継続失敗にカウントされます。従来の設定方法での継続率は、2回目以降継続率のみ考慮されていましたが、この指定方法の場合は初回の突入率も考慮された継続率の表示となります。
※フラグ f を 1 に指定した振り分け部分での当たりで、スランプグラフで ◎(確変) や △(突確) と表示されていても、大当たりの種類は通常当たりとしてカウントされます。

【シミュレート例】

出玉 : 7%削
換金率 : 4.0円 (等価)
電サポ時の玉数増減 : 0 (確変ベース100)
電サポ時の電チュー抽選率 : 100%

⇒ ボーダーライン : 約17.31回 / 千円

牙狼鋼性能.png 牙狼鋼連.png

牙狼鋼スランプ1.png 牙狼鋼スランプ2.png

牙狼鋼スランプ3.png 牙狼鋼時給.png


posted by uka at 17:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | Pachiシミュレータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする